Service policy

−エイトウエディングの想い−

「結婚式の記録撮影は、どの業者にお願いしても一緒。」
そう思われる方も多いかもしれません。

私たちエイトウエディングでは、例えば歓談中にはしゃいでる同級生の様子や、ふいに行われた一瞬の胴上げ、余興のあとの熱い抱擁など、「想定外に起こる」細かいシーンを押さえることを一番大事にしています。

結婚式ならではの表情や、仕草。新婦のお父様から新郎にバトンタッチされた瞬間の表情、お母様の愛に溢れた笑顔、ご友人の祝福の涙など、言葉がなくても伝わる感動の瞬間。

「想定外に起こる」様々なシーン。


これこそまさに、業者によって違いが出る一番の部分であり、結婚式DVDの中で「一番面白いシーン」です。

本当に集中して、全力で臨まないと、撮り逃がします。そして撮り逃がしても、誰も分かりません。


なぜなら、何も記録には残らないから。

 

エイトウエディングは、流れ作業で撮影せず、全ての結婚式に全力でぶつかります。

歓談中でも、進行中でも、遠くでいいシーンがあれば、本当に走って撮りに行きます。

そして、「いいシーン」は、数秒で終わってしまいます。

だから、どうにかカメラに収めるために、周囲を常に見回し、いいシーンを撮り逃さないために、会場を走ります。

終わった頃にはヘトヘトです。
 

足を使って頭を使って、必ずその新郎新婦様だけの「オリジナル想定外」を、記録に残します。

最高のシーンをお届けし、お客様に喜んでいただくために、精一杯頑張ります。

Service policy

−お打ち合わせについて−

通常、ブライダル動画制作の場合、事前打ち合わせを行わない場合がほとんどですが、エイトウエディングではお客さまが可能であれば、必ず事前お打ち合わせを行います。

 

動画撮影やスナップ撮影など、同じようなスタイルに見えて、お客様によって好みがバラバラだからです。

 

なので、できるだけお二人の好み、お二人ならではの作品に近づけられるよう、事前にお話をお伺いさせていただいております。

また結婚式本番までの間に、どんな人たちから撮影されるのか、少しでも知っていただき、当日は最初から、いい関係性で素敵な表情を撮れるよう心がけております。

Service policy

−DVDパッケージについて−

せっかくの記念DVDだし、どうしてもお二人のお写真と、名前、日付、式場名をDVD・ブルーレイのパッケージに入れたくて、いろいろと試行錯誤しました。
 
案外、オリジナルのパッケージって少ないと思います。
その式場・業者ごとの、使い回しパッケージプリントがほとんどかと思います。

お二人のためだけにパッケージをデザインし、プリントするのは確かにコスト面・労力面で割に合っていない部分もあります。
 

しかし私たちエイトウエディングは、どうしてもお二人の思い出を、DVD・ブルーレイのパッケージに美しく表現したい。

作るパッケージ枚数も、3セット(お二人用と、ご両家親用)と少ないので、印刷業者に大量発注もできません。完全に手作業で作ります。
印刷からカッティング、微調整まで手作り。これは、実はかなり大変な作業です。
 
でもやっぱり、お二人のベストショットを並べてパッケージにすると、とても綺麗です。
出来上がった時は、自分たちでも感動します。
 
お二人に感動していただきたい。
お二人に喜んでいただきたい。
 
その一心で、日夜パッケージを作っています。
せっかく私たちに頼んでいただけたので、出来る限りのことは全てやりたいと思っています。


紙質にもこだわってます。手に取ってもらえれば分かると思いますが、厚手の高級マット紙を使用しています。 

人生の特別な日を、しっかり形にして、いつまでも残したい。


撮影や編集以外でも、細かいところまでこだわって、総合的な納品物として、
お客様にお届けするために、日々研究を重ねてまいります。

© 2019 by Eight wedding production.